ガラス修理・交換のハウズポートHOME > コラム > 複層ガラスのメリットと注意点について

複層ガラスのメリットと注意点について

複層ガラスとは、スペーサーという金属部材を入れることで、2枚のガラスの間に空気層をつくったもののことです。 この2枚の厚みを変えたり、防犯の仕様のものにしたり、遮熱を高めたりすることで、様々なものがつくられています。ペアガラスなどはその代表的なものです。 住宅は夏は強い日射しに、冬は冷たい風にさらされます。それらの熱や冷気の侵入を外壁などは防いでくれますが、ほとんどの熱や冷気は窓から侵入してきます。そのため、窓を設置する場合、色々と注意しなければいけないのです。 すきま風が入ってこないようにサッシ自体にも注意が必要ですが、ガラスもしっかりとチェックしておく必要があります。普通の単層ガラスの場合、冷気や熱はすぐに入ってきてしまいます。そのため、部屋の中を冷暖房していても、室内の温度を快適に保つことが出来ないのです。また、結露もとても酷くなってしまいます。結露がひどくなると、部屋の窓周辺の壁がカビたりして、窓枠が腐ったり、壁紙がめくれてしまったりするので、結露しないようにすることがとても大切になってきます。 複層のものを選ぶことで、空気層でワンクッション置かれることになり、熱伝導が和らげられるのです。寒い冬などに服を重ね着するとあたたかくなることと同じです。空気層の厚みは、6mmと12mmがあります。もちろん、12mmの方が断熱効果はとても高くなりますが、値段も高くなってしまいます。また、12mm以上厚くしても、効果はほぼ変わりません。空気の対流が中で起きてしまうためです。 この複層のもので、より効果をあげるためには、遮熱や紫外線カットなどの機能を備えた高性能なものを使うことが必要となってきます。Low-Eと呼ばれるものです。但し、これらを入れる時は注意が必要です。それは色です。全く色のない透明なものもあるのですが、中には薄いブルーであったり、薄いグリーンであったりするものもあります。外から見ると反射して緑色に見えて、中が見えにくくなります。人の視線を遮るためには役立ちますし、室内からは外の光景もきちんと見えるのですが、ものによっては薄く色がついた状態になってしまうこともあるのです。緑色がかった青空ということもあります。そのため、ショールームなどで確認をした方が無難なのですが、ショールームは室内であるため、わかりづらいという難点があります。このような場合、住宅展示場のモデルハウスなどを見てまわると、とてもよくわかります。室外からも室内からも見ることが出来るので、とても便利です。