ガラス修理・交換のハウズポートHOME > コラム > 素人ができるガラス修理と業者に頼むべきガラス修理とは?

素人ができるガラス修理と業者に頼むべきガラス修理とは?

強度のあるガラスを使用している窓ガラス


身近に使われているガラスには様々なものがあります。例えばどこの家にも必ずある窓ガラスが挙げられ、他にもコップや食器など、日常生活においてガラス製品は数多く使われています。しかし、ガラスの食器の場合、落として割れてしまったりするなどして破損してしまったというケースは多々ありますが、窓ガラスが割れたということはほとんどありません。
それだけ窓ガラスに使用されているガラスは強度があり、ちょっとやそっとの刺激では割れることはありません。簡単に割れてしまうようなガラスでしたら、台風のたびに大惨事になってしまいます。台風にも耐えられるように、窓ガラスは強度の高いものを使用しているのです。
しかし、たとえ強度があるガラスであっても、もちろん破損してしまうことだってあります。万が一破損してしまったときに困らないようにするためにも、窓ガラスに関しての知識を知っておくことも大切です。
まず知っておきたいのが、窓ガラス修理には保険が利かないということです。住宅火災保険などはどの家庭も加入しているものですが、実は窓ガラスの破損は対象外になる場合があります。ガラス修理は特約をつけると保険が利くようになりますが、損失額に達していない際は対象にならなかったりするため、よほどではなければ保険が利かないケースがほとんどです。
自然災害などの場合、家財を含めた損害金額が一定額に達することで保険対象になりますが、窓ガラスが割れたくらいでは家財まで壊れてしまうことはほとんどありません。最近では3万円など被害額を低く設定してある保険もあります。

窓ガラス応急処置法


窓ガラスが破損してしまった際、保険のことを考えるのも大切ですが、まずは破損してしまった窓ガラスをどうやって修理するのかを考えることが大切です。
ガラス修理をする場合、専用の器具を持っている方を除いては素人ができることではありません。自分ができるガラス修理としてはあくまでも応急処置の範囲なので、直径5mm程度を補修するくらいです。それ以上の破損では、本格的にガラス修理をする必要があります。その時は自分で修理しようとはせずに、必ず専門の修理業者に任せるようにしてください。
まず一番簡単なガラス補修方法というと、ガムテープなどを使って補強することです。ガムテープを用いる時は紙製のガムテープを使うよりも布製のものを使うようにしてください。ただ、ガムテープは熱に弱いという性質があるので、直射日光が当たってしまう窓ガラスの補修にはあまり適していません。ガムテープを使って補強した場合は、なるべく早く専門業者に修理を依頼するようにしましょう。
とはいえ破損してしまったガラスを修理してもらうために業者にお願いしたとしても、すぐに来てもらえるわけではありません。大きくひび割れてしまったら段ボールなど風よけになるものを利用して補強するようにしてください。
完全に割れてしまった場合、絶対に近づかないようにしましょう。近づいたときの振動で一気に割れてしまう危険性もあるので、なるべくガラスから離れることが先決です。特に割れた破片を踏んでしまって怪我をすることもあり得るので、絶対に素足で歩くことはしないでください。応急処置をする際は、危険が無いように十分に気を付けてするようにしましょう。

窓ガラスの修理相場


窓ガラス修理を業者に依頼する場合、ガラスの種類や大きさ・厚さ・状況や在庫などによって違いがあります。今はインターネット上のサイトでも見積もりを簡単に出すことができるところもありますし、値段を書いて宣伝しているサイトもあります。しかし実際に見積もりを取ってもらったら高額になった、なんていうことも非常にたくさんあります。
簡単見積もりなどはあくまでも目安だと考えて、実際の価格はそれよりも多くなると考えていたほうが得策です。
ガラス修理は、一般的に「ガラス代と工事費用、経費、交通費」で金額が決定します。ガラス代はもちろん、多種多様であり、厚さや種類によっても価格が異なってきますが、ある程度は予想がつく金額ではあります。
問題はガラス代の他にかかる費用です。工事費用は、割れたガラスを取り換えるところまでの作業費です。もしも割れたガラスの場所が足場を必要とした場合などは足場を組んだ費用もかかり、その分高額になってしまいます。
交通費などは基本的には業者側が負担する経費なのですが、業者によっては請求するところもあるので注意が必要です。この場合見積もりを出した段階で高額であることもありますので、気を付けてみてください。交通費に関しては近隣エリアだと無料というケースも多いので、見積もりを出してもらって高いと感じたら交通費が含まれているケースもあるので、近所にある修理業者に依頼して見ると案外安くなったりします。
見積書に交通費で加算されている場合はわかりやすいですが、わからないように組み込まれていることもあるので気を付けましょう。