ガラス修理・交換のハウズポートHOME > コラム > 東京でガラス修理を依頼

東京でガラス修理を依頼

窓ガラス修理が必要な場面


昔、アニメの中で子供達がキャッチボールをしていたところ、そのボールが自宅に飛んできて窓ガラスが割れるシーンを目にしたことがあるという人は多いものです。窓ガラスが割れるというとそのような場面をイメージする人がほとんどであり、そのために窓ガラスが壊れるということは滅多にないことであると思うものです。しかし、実際には他にも窓ガラスが壊れて修理が必要という場面がいくつかあるのです。
最近多いのは、台風や強風によってベランダの植物や周辺からの飛来物によって窓ガラスが割れるというケースです。マンションに住んでいる人が増えたことで、マンションの中層階は飛来物も速度をつけて飛んでくるので、小さなものでも十分に窓を割ってしまうことがあります。窓ガラスが割れるというのは一階に住んでいる人に起こることだというイメージがありますが、意外と中層階以上でも経験をすることなのです。また、割れなかったとしてもヒビが入ってしまったり小さな穴が空いてしまったりということもあります。
そして、もう一つ気をつけるべきことが、空き巣による盗難被害です。空き巣の手口は様々で玄関のガラスが割られるケースもありますし、ベランダや勝手口、リビング窓など、人目につきにくいところを狙ってガラスが割られて侵入されるケースは多くあります。これも、ガラスの割り方は様々で派手に全面割られるケースもありますが、最近では最小限の穴を開けて鍵を開けて侵入するケースが多いです。小さな穴であっても補修する必要があり、多くの場合には窓ガラス修理を行います。この窃盗についてもアパートやマンションの一階や二階、戸建てで行われるというイメージが強いですが、最近では中層階や高層階でもガラスを割って侵入してきているケースがあります。

窓ガラス修理の方法


窓ガラスが割れてしまったら、やはり風雨をしのぐためにも防犯のためにも応急処置が必要となります。特に、深夜や災害時であればすぐに業者に来てもらうことができないケースも多いので、自分での応急処置をした上で後から業者を依頼するということが一般的な流れです。
割れているとすぐに修理をと思いますが、ヒビの場合には小さいとそのままでも大丈夫だろうと思う人もいます。しかし、ヒビの状態というのはとても脆い状態になっており、新たな力が加わると突然割れてしまうこともあります。そこで、ヒビの入っている部分を覆うようにガムテープを貼っておくことが望ましいでしょう。このときに、窓ガラスが割れないように、強く抑えず優しく貼るのが重要です。もしも割れている場合には、まずは破片を集めて怪我をしないようにする必要があります。しかし、窓ガラスの場合には様々なところに飛び散っているため気づかずに踏んでしまうこともあります。そこで、作業をする際には軍手や手袋をしっかりとはめて靴を履いて作業をすることが望ましいです。また、作業中に残りのガラスが割れることもあります。そこで、破片を集める際にも極力窓ガラスには近寄らないべきです。
応急処置後、災害が落ち着いたり業者の営業時間になったりしたら問い合わせをして窓ガラス交換の依頼をします。最近ではDIYブームの流れもあり、自分で窓ガラス交換することを検討する人もいます。確かにホームセンターにも窓ガラス交換のためのツールが販売されています。しかし、専用の機械が必要ですし、危険も伴うため基本的には業者に依頼するのが望ましいです。

東京の窓ガラス修理メーカー


ガラスが割れてしまい、ガラス交換が必要となった場合にはインターネットで調べればいくつかの修理メーカーが見つかります。東京のみの対応をしているところもあれば、東京とその近県である首都圏でも受付対応可能なガラス修理メーカーもあります。家から近い業者を選ぶのではなく、修理してくれるならば出張してくれるところを選ぶことも一つの方法です。窓ガラスが割れていると部屋も寒いですし防犯の面でも不安がありますから、365日受付可能な業者に依頼することがベストであると言えます。もちろん、いつでも依頼できるとはいえ自然災害発生中であれば移動が難しいこともありますし、他にも周囲から依頼が立て込むこともあります。しかし、問い合わせには丁寧な対応をしてもらえるので、問い合わせだけでもしておくと良いでしょう。
依頼先の決め方として、事前に料金の案内をしてもらえるのがポイントとしてあります。作業を終了してから法外な料金を請求されたという料金トラブルはこのような修理業者のトラブルでとても多く散見されます。そのようなトラブルが起きないように、問い合わせの電話の際に状況から必要となるであろう作業の内容とその料金を伝えた上で依頼の可否ができる会社もあります。また、実際に現場に行って作業の追加や必要パーツの追加が出たり、その逆があれば当初の見積もりよりも増減した金額を提示して実際に作業を進めていいのか判断を任せてくれるところもあります。
施工実績が多く、住宅だけでなくマンションのエントランスや共用部分、店舗入り口、高所作業車を用いての特殊作業など、幅広い作業に対応可能なメーカーも安心して依頼できる特徴です。ガラス修理というのは日頃からよく経験するものでなく相場や作業内容に不明点が多いものです。そこで、このような知識と経験のあるメーカーに任せると安心です。