ガラス修理・交換のハウズポートHOME > コラム > 何かの要因で割れてしまったら早期にガラス修理を

何かの要因で割れてしまったら早期にガラス修理を

大事なガラスが割れてしまうという事態


生活ということを考えると、住宅のガラスというものは大きな意味を持っています。ガラスは、室内を外気から守るだけではありません。防犯ということでも大きな意味を持っているからです。
住宅には、数多くのガラスが設置されていますが、これが割れてしまうことがあります。さまざまな原因が考えられますが、故意に割ってしまう可能性のほかにも、いくつもの要因が存在します。
仕事から帰宅してみると、何かぶつけられた様子もないのにガラスが割れていたということもあるでしょう。
ガラスが割れる原因としては、一番は衝撃を与えるということになるでしょう。例えば、何かをぶつけられたということです。これは、人間だけではなく、カラスなどの大きな鳥が、何かを落としたということも考えられます。鳥自体がガラスを認識できずにぶつかるということも原因のひとつです。風の強い日には、小石が巻き上げられてぶつかって割れてしまうということもあるでしょう。
そのほかにも、温度差の問題があります。ガラスだけであれば耐えられますが、防犯用や火災時の飛散防止に網入りのガラスを使っているところもあるでしょう。この網入りガラスが、真夏の暑い外気にさらされると高温となり、夕方に一気に冷え込んだりすると、ガラスと金属の網に収縮の差が生まれてしまいます。追従できれば問題はありませんが、差が大きくなってしまうとひずみが生まれてしまうのが原因のひとつです。特に暑い日に涼しい夕方になって帰宅してみると、ひびが入っているということが起きる可能性もあります。

ガラスが割れてしまう経年劣化とは


住宅のガラスが割れたりすると、まず疑うのが外部に要因があるだろうということになるでしょう。しかし、ガラスも時間とともに劣化していることを忘れてはいけません。これを経年劣化と呼びます。ガラスも外気だけではなく、強力な紫外線にさらされ続けており、品質が緩やかにでも変化していることを忘れてはいけません。目には見えませんが、小さな傷ができるようになり、ほんの少しの衝撃や力が加わるだけで割れてしまいます。突然割れてしまうというのは、この経年劣化が大きな要因といえるでしょう。
経年劣化で割れてしまう前に、ガラス修理をしてしまうことが一番ですが、いつ交換すればいいのか、その時期に気がつくのは難しいでしょう。実際にガラスの表面に白い雲のような汚れが出てしまっているときには、限界が近い状態です。色がついたように見えるというのも、大きな変化をきたしています。こうした変化を見逃さないようにして、異常を感じるようになったら、早めにガラス修理してしまうことが大切です。
丈夫なガラスであっても、経年劣化には勝てません。大型のガラスなどでは、割れてしまうと大きな損害を出す可能性があります。店舗の玄関に使われているようなものだと、割れて飛散したことで通行人に怪我をさせる可能性も否定できません。そうなる前にガラス修理をすることが、リスクマネジメントとしても重要になってくるといえるでしょう。

割れてしまったガラスはどうするべきか


もしも、ガラスが割れてしまっているようなときには、まずは怪我をしないように考えましょう。小さな破片を踏むだけでも、足の裏を切ってしまうこともあります。破片が刺さるだけでも危険性がありますので、子供やペットを遠ざけて、被害が拡大しないように注意しましょう。足元が最も危険ですので、靴やスリッパをはき、安全な状態を確保します。ガラスを処理する手には、軍手などをつけて肌を露出させないようにして安全を確保しましょう。
割れてしまったガラスの破片を集めることになりますが、まずは大きなものから拾っていきます。ビニール袋は破けてしまいますので、ダンボールや新聞紙に包むようにするといいでしょう。小さな破片は、なかなか集めにくいため、掃除機や放棄を使って集めてしまうのが一番です。そのうえで、粘着テープを使い拾い残しがないようにします。こうして集めたガラスは、ダンボールで保管して、割れ物注意と書いておくといいでしょう。
問題はこれからです。ガラスがない状態では、防犯上大変危険な状態であるといえるでしょう。プライバシーを守ることもできなくなります。ひびが入っているような状態であれば、応急処置のシールやガラス用コーキング剤、リペアキットなどで一時的に補修する方法も考えられますが、早急に専門業者でガラス修理をすることが一番です。補修できたとしても、ひび割れを一時的に防ぐだけしか効果がありません。見栄えも非常に悪くなるため、早期に交換をしたほうがいいでしょう。
DIYが流行っていて、自分で交換してみたいという人も増えていますが、実際にはかなり難しい問題が多く、うまくいかなかったり、怪我をしてしまったりするようなケースも考えられますので、ガラス修理は専門業者に任せる方が確実だといえるでしょう。
年中無休で営業している業者もありますので、急ぐ場合や土日に対応してもらいたい場合などはそういったところを利用すると良いでしょう。