ガラス修理・交換のハウズポートHOME > コラム > ガラス関係のトラブルはガラス修理専門業者に依頼

ガラス関係のトラブルはガラス修理専門業者に依頼

ガラスが割れてしまったら


家のガラスが割れてしまうことはそう珍しいことではありません。ちょっとした失敗が原因で割れてしまうこともあれば、何かの犯罪に巻き込まれてしまったなど、さまざまな理由でガラスが割れてしまうことはあります。当然そのままにしておくわけにもいかないので、早急に対応してくれるガラス修理専門業者に修理を依頼しなければなりません。ひび割れ程度なら修繕することが出来る可能性もありますし、完全に割れてしまった場合は、すぐに新しいガラスを用意してくれるので、想像以上に早く元通りの状態に戻すことが出来るでしょう。
ガラス修理は、いくつかの方法で行うことが出来ます。軽いひび割れについては、専用の補修剤を使うなどして対応することが出来る場合もあり、新品に近い状態に戻すことも可能です。大抵の場合大きく割れてしまうことが大半なので、その場合は完全に新しいガラスに交換することで対応しますが、その場合はガラスの大きさや種類、加工の有無などを予め伝えておくことで、すぐに条件に合致するガラスを用意することが出来る分、交換作業の時間も短くなります。そのため、ガラスが割れてしまったときは自分でできる範囲で構わないので、交換に必要な正確な情報を伝えるようにしましょう。
ガラス修理や交換はそれなりの費用がかかります。ガラス自体がそれなりの価格設定になっている上、特殊なガラスの場合は更に高くなりますし、取り付け作業もただ単にはめ込むだけでなく、ガラスを固定するための樹脂を窓枠に流し込んだり、高所にある場合は足場を用意したり、クレーン車などを使用する場合もあったりと、割れたガラスによって相当料金に差が出てきます。修理を依頼する際はできれば複数の業者をチェックして、見積もり額を比較してから依頼したほうが良いでしょう。

ガラス交換を依頼


普段はガラスを割ってしまうことなんて無いだろうと思っていても、ふとした油断で割ってしまうケースは非常に良くある話で、転んだ拍子に割ってしまうこともあれば、持っていたものをぶつけてしまったりと、予想外の場面でガラス関係のトラブルは発生します。そうなった場合はガラス修理を依頼するしかないので、専門業者に割れたガラスの状態を伝え、適切な修理を行ってもらいましょう。
ガラス修理は基本的にひびを隠すか、完全に交換してしまうことになります。軽いひび割れの場合はまだいいのですが、大きなひび割れは補修が出来ないことも多いです。また、ガラスが完全に割れてしまった場合は、大半の部分が残っていても交換が必要になるでしょう。ガラス交換の場合は、同じ場所に使われているガラスと同じものとあわせないと、交換した後の見た目が非常に悪くなってしまうので、見積もりの際に同様のガラスが用意できるのか確認しておいたほうが良いでしょう。中には特殊な加工を施したガラスもあるので、その場合は用意するまでに時間がかかったり、料金が高くなることも多いので、予算は余裕を持って確保しておいたほうが良いでしょう。
ガラスの種類や寸法など、チェックしておくべき点は前もってまとめておくと、作業がスムーズに進みます。取り付けの際は、どこにガラスがあるのかも重要で、特別な用意がいらない場所なら何の問題も無いのですが、マンションの高層階のガラスが割れていて、作業スペースが殆ど無い場合などは、クレーンで外からガラスを運び入れるなど、手間と予算がかかる作業が必要となります。

特殊なガラスにも対応


どんなに大事に使っていても、ふとした油断で割れてしまうのがガラスで、修理が不可能になってしまうことも珍しくありません。割れたガラスをそのまま放置するわけにも行かないので、新しいガラスに交換するよう、ガラス修理の業者に依頼する必要がありますが、このとき割れたガラスが特殊な加工を施されていた場合、ちゃんとそのガラスを用意することが出来るのか、前もって確認しておいたほうが良いでしょう。
ガラス修理ではガラスを丸々交換してしまうことも珍しく無いので、大抵の業者は様々な種類のガラスを用意しています。一般的な透明ガラスはもちろん、すりガラスや防犯ガラス、柄が彫られている特殊なガラスも、一部の家庭では使われているので、そうした特殊なガラスが割れた場合は、同じタイプのガラスの在庫があるか確認し、無い場合は取り寄せなどのために時間をかけなければなりません。最悪の場合既に生産が終了していることもあるので、特に古い住宅に住んでいるという方は、見た目のバランスをとるために、全面のガラスを交換しなければならないこともあるかもしれません。
特殊なガラスに対応できるかどうかは、利用する業者にもよりますので、見積もりまでの段階は必ず複数の業者に依頼するようにしましょう。特にガラスのデザインにこだわりがあるという方は、出来る限り多くの業者に見積もりを依頼して、同型のガラスを探してもらったほうが良いでしょう。もちろん見つからないこともありますが、他にも色々なデザインのガラスがあるので、この機会にイメチェンに挑戦するのも良いかもしれません。