ガラス修理・交換のハウズポートHOME > コラム > ガラス交換の豆知識

ガラス交換の豆知識

防音ガラスに交換をしてあらゆる音を遮断しよう


最近では住宅の数も増え、その中でも分譲住宅が増えてきていますので、近隣の方との距離が近い建物が多くなっています。そこで、問題となってくるのが騒音になります。騒音といっても二つのタイプがあり、周りからの音を遮断したいと思っている場合と、家から発生する音漏れを防ぎたいという場合があります。この二つのケースについて悩んでいるという方は、防音について考えなければなりません。そこで、一番手間がかからず簡単に行える方法がガラス交換になります。
ガラス交換といってもガラスには様々な種類がありますので、その中でも防音ガラスに交換をすると効果的となります。では、初めに音の伝わり方について説明をしていきますが、音の伝わり方には三つのタイプがあると言われています。
一つ目が空気から伝わってくるタイプと、二つ目が固体を伝わってくるタイプと、三つ目は空気と固体の両方から伝わってくるタイプになります。残念ながらこの三つのうちの二つ目と三つ目に関しては固体から伝わってくる場合があるので、完全に防ぐということは難しくなっています。しかし、空気から伝わってくる場合に関しては音の遮断ができます。例えば自動車の音や電車の音、動物の泣き声などは空気を伝わってくるものとなっているため、音を遮断することが可能です。
このように、音といっても様々なタイプがありますので、ガラス交換で防音をしたいと思っている場合には、まずはどの音が気になるのかということについてをしっかりと確認し、それが空気から伝わってくる音の場合にはガラス交換によって防音対策をすることができます。防音ガラスといっても様々な種類が存在しているので、家の騒音のレベルに合わせて選んでいくと良いでしょう。音によって眠れなかったという場合や、音が気になって作業ができないという場合には、防音ガラスに交換をすることによって、空気から伝わってくる音は全て遮断できます。

防犯対策をしたい場合


住居への侵入は、どれだけ努力をしても減らないということが現実となっています。残念ながら今の時点では住居への侵入が減っていないので、身を守るためにもしなければならないのが防犯対策になります。
防犯対策といっても様々な方法が存在していますが、犯人の侵入手口は窓ガラスからというのが半分以上を占めているため、防犯対策として考えなければならないのがガラス交換になります。ガラスを防犯ガラスに替えることによって、通常のガラスよりも侵入を防げます。では、実際に防犯ガラスにすることによってガラスは割られることはないのでしょうか?
実は、防犯ガラスにしてもガラスは割れてしまいます。しかし、通常のガラスはハンマーなどで思いっきりガラスを叩くことによって簡単に割られてしまいます。基本的に通常のガラスの場合は、5分以内で割れることがほとんどとなっています。5分以内というのが一番重要な問題となるのですが、泥棒などは短時間で犯行を終わらせたいと考えているのがほとんどとなっているため、時間をかけたくないと思っている方がほとんどです。その為、時間をかけないと割れないガラスに関しては嫌う傾向にあります。防犯ガラスはあらゆる器具を使用したとしても、なかなか5分以内で割ることは難しくなっています。5分以上かかってしまうと犯人は諦めてしまうため、自宅やオフィスを泥棒から守ることができます。
防犯ガラスといっても様々なガラスが存在していますが、最近の防犯ガラスは防犯対策のみならず、UVカットや防音などの効果もありますので、室内の家具を紫外線から守ることができますし、騒音の対策にもなります。あらゆることに役立ってくれるガラスとなっているので、防犯対策などで悩んでいるという場合には、防犯ガラスを利用すると安心安全ということになります。

省エネ住宅にしたい場合


新築から数年が経過し、初めの頃よりも電気代などが上がってしまっていると思っている方も少なくないでしょう。こういった悩みは窓ガラスに関係している可能性もあります。例えば夏と冬どちらにしても、熱の出入りが激しいのは窓ガラスからと言われています。その為、窓ガラスが全く機能していないと、熱を簡単に逃がしたりもしてしまいますし、その逆に入れることもあります。機能をしていないと冷暖房の稼働も活発的になりますので、冷暖房の費用も上がってしまいます。家計の負担を減らすためにも、やはり窓ガラスについてかんがえる必要があります。
そこで、家庭の味方となってくれるのがエコガラスになります。エコガラスは熱の出入りを通常のガラスよりも削減することができます。また冷暖房も一度稼働をすれば一定の熱を保つことが可能なため、活発的に稼働することもありません。こういったこともあり、電気代も減らせます。このように、省エネ住宅にする場合にはガラス交換を考えるということも大切になります。