ガラス修理・交換のハウズポートHOME > コラム > ガラス交換の方法やガラスの種類・特徴を知ろう

ガラス交換の方法やガラスの種類・特徴を知ろう

機能性ガラス


ガラス交換とは、どのような場合に行われるでしょうか。
中にはガラスが破損したときにのみ行われるのもだと考えている方がいるかもしれません。そんな中、実際は破損の修理ではなく、住居の機能を向上させるために機能性ガラスに交換する方が非常に増えています。
多くの家庭では省エネ対策を行っていることでしょう。エアコンの設定温度や省エネ対応の冷蔵庫を購入するなど、ランニングコストを抑える手段は多く存在しています。
しかし、省エネ対策は電化製品の見直しだけにおさまりません。実際、電化製品を交換することによって良い効果を得られることもありますが、それ以上の効果をガラスの交換で実現することも難しくはありません。現在の技術では、省エネガラスに取り換えることによって、室温の低下を防ぐことが可能になっています。
例えば、冬場では寒さをしのぐためにエアコンやストーブなどの暖房器具を利用すると思いますが、実際は暖房で熱せられた空気の約50%以上は窓から逃げてしまいます。そのため、暖房機器を省エネに変えたとしても暖房効率が悪くなってしまい、結果的に多くの電気と灯油を消費することになってしまいまうケースがあります。ここで断熱ガラスに交換をすると、窓から外に熱が逃げることをできる限り抑えてくれます。ガラスの業者では、ガラスだけではなく、サッシなども断熱性のあるものに交換できるケースもあります。
一方で冬場に熱が逃げるように、夏場は外部から部屋に熱気が入ってきます。侵入してくる熱は約70%もあり、クーラー効率は悪く多くの電気が必要になってしまいます。そのため、断熱性能を持つガラスに交換し、さらに遮光カーテン等を用いればより効果を得ることができます。
また、省エネだけでなく、防犯ガラスとしても効果も高いと考えられます。犯人が家に入り込んで貴重品を持ち去っていく事件は現在でも多く起こっています。通常であれば窓を割って侵入してきますが、防犯ガラスならば侵入までの時間を遅らせることができるだけでなく、犯行意欲を低下させることもできるのです。

交換の方法


ガラス交換をするためには、まず自分では不可能なので、専門の業者に依頼するのが一般的な流れとなるでしょう。
実際に依頼する際には、窓の寸法やガラス交換を希望する理由を明確に用意した上で業者に依頼をしましょう。ガラス交換には、家に立ち入りが必要なため、余裕をもった時間を確保した上で日程調整を行い、作業依頼してください。業者が到着すればガラス交換の開始です。交換に関しては1時間ほどを予想しておけば問題はありませんが、サイズやガラスの種類によって時間は前後するため、気になる場合は事前に確認を行ってください。
そして、業者は基本的には自宅の近くにある修理業者に依頼することになるでしょう。
業者を選ぶ際には、幅広い地域での修理に対応してくれるかどうかを意識しましょう。ガラス交換をしたいと思っていても地方に住んでいるので、特定の企業は対応できないと考える方もいるかもしれません。しかし、そんな場所でも対応してくれる業者もいるので気軽に依頼が可能です。
また、施工日程もしっかり確認を行いましょう。業者によっては年中無休で対応してくれるところもありますが、立ち合いが必要なため、事前に確認を行うことをお勧めします。
そして多くの実績があるかも見てみましょう。ガラスを割る場所は一軒家だけでなく、マンションやビルなど様々な場所があります。どのような場所でも対応してくれる業者を選びましょう。


注意点


ガラスでまず気を付けたいのは、もちろんものを投げたりして破損させないことです。ガラスによっては、ちょっとした衝撃で割れてしまうケースもあります。近くで何かをする際には、物をぶつけないように十分注意しましょう。とくにボール投げをして遊ぶ子供などは要注意です。ガラスの破片が飛び散るのでけがの恐れもあるので、子供は近くで遊ばせないように配慮しましょう。
また、窓ガラスは採光や透視はもちろんですが、それ以外にも防犯や防災といったさまざまな役割を果たしています。中には、省エネの機能を持つガラスもあります。気を付けたいのは、窓をメンテナンスする際にこうした機能を損なってしまう可能性がある点です。せっかくの機能を無駄にしないためにも、メンテナンス方法にも工夫が必要です。
ガラスが欠けていたりひびが入っていたりする場合には、小さな物でも強度が低くなっているケースがあります。そのままの状態で放置しておけばちょっとしたことでも破損してしまうこともあり、注意が必要です。このような状態になっているガラスは速やかに業者に連絡して対応をしてください。交換を行う際には、あらかじめ窓や交換する箇所のガラスのサイズを測って業者に伝えておくと、後々の交換作業がスムーズとなります。また、複層ガラスや合わせガラス、強化ガラスには四隅のコーナーにガラスの製造者や製造年月などをしめすマークがありますが、このマークを確認しておくか、また品番がわかればそれを伝えておくのも良いでしょう。