ガラス修理・交換のハウズポートHOME > コラム > いざというときに手配ができるようにしておくべきガラス修理

いざというときに手配ができるようにしておくべきガラス修理

住空間を分けるために必要なガラスの存在


住空間ということで考えた場合、窓ガラスは重要な意味を持ちます。外部と内部を仕切る大事な部材であり、なくてはならない要素です。光を引きこみ、空気の入れ替えにも重要な役割を果たしています。デザイン的にも大切な要素ではありますが、最近さらに意識しなければいけない部分として、注目も集めるようになってきました。窓ひとつで住空間が大きく変化することも、その理由のひとつでしょう。
窓ガラスというと、最も重要なポイントとして、防犯の問題があります。外部と内部を区切る境目でもあり、容易に出入りをさせないということも必要です。もしも、割れてしまったりすれば、その機能を失うことになり、だれでも出入りできるという事態になってしまうこともありますので、非常に大きな問題となります。温度ということでも、外気との境目となる一部分になります。暑い夏のさなかで考えれば、クーラーで下げた気温を室内に引き込まずに済みます。逆に寒い日でも、室内の温めた空気を外部に逃がしません。窓のガラスの性能にもよりますが、熱を遮断することができるのも大きな役割です。紫外線もある程度遮ってくれますので、家具などを劣化から守ることもできます。
こんな大事なガラスが割れてしまったらどうなるでしょう。こうした役割を果たすことができなくなってしまうことも多々あります。それも、窓ガラスというものは、代替するものがありません。割れてしまったからといって、ガムテープでふさいだところで、その機能をすべて賄えるわけではありません。だからこそ、できるだけ早くガラス修理を考えていく必要があります。

ガラスは割れるものであると考えておく


ガラスというものは、割れないという先入観がある方も多いかもしれません。いつまでもその姿を維持することができると思ってしまいがちです。しかし、ガラスは衝撃に弱い欠点を持っており、何かがぶつかれば割れてしまう可能性があります。ガラスは、割れてしまえば粉々になってしまう可能性もあります。床に散乱することも珍しくはなく、踏んでしまえば怪我をします。手で除去しようと思っても、これも簡単にはいかないものでしょう。割れるはずもないと思うからこそ、困ったときにガラス修理ということを依頼できるようにしておくことが重要となります。ガラス修理業者の場合、24時間対応のところが多くなっており、いつでも依頼することが可能です。これも、ガラスという特性上、なければ困るものだからといっていいでしょう。そうなると、どうしても金額が高額になるのではないかと思われるかもしれません。
ガラス修理の場合、まず概算見積もりを聞くことが大切です。状況を話すことによって、だいたいの金額がわかるからです。それから業者の到着を待ち、実際に現場を見てもらいます。大事なことは、概算見積もりの段階で、できるだけ正確な情報を伝えることにあります。これで、概算見積もりとの差額が少なくなる可能性が高くなりますので、後から大きな金額をとられることもないでしょう。安心してガラス修理を進めるためには、こうしたポイントが重要となってきます。

ガラス修理代金は保険で対応できるのか


ガラスという大事なものが壊れてしまった場合、修理に費用がかかるのは致し方のないことです。その金額は、ガラスの種類や構造、施工環境にもよります。数万円以内に収まることが一般的ですが、同時に多くのガラス修理をおこなわなければいけない状況や、特殊なガラスとなればそうはいきません。そこで、保険が使えるかどうかということも気になる部分でしょう。
ガラス修理ということでは、一体なぜ割れてしまったのかということが重要な意味を持ってきます。例えば、災害によって割れてしまったのであれば、火災保険が適用できる可能性があります。最近では、5万円程度でも支払われるケースがありますが、一般的に対象となるのは20万円というところが一区切りになる可能性が高くなっています。家財も含めての損害金額ですので、ガラスだけではありませんが、普段はそこまでの金額に達することはないでしょう。自然災害ということで、台風によって割れてしまったケースも除外されることがあります。こうしたケースは、十分に考えられることですので、内容をよく確認しておくことが必要です。ケースが異なりますが、自動車がぶつかって割れてしまった場合には、相手の自動車保険会社に請求し、対物損害ということで補償してもらえる可能性があります。詳しい補償内容は契約内容や免責金額などによっても左右されます。契約の時点でしっかりと確認し、また修理を依頼する際にも確認しておくとスムーズです。
ただし、保険といっても万能ではありません。いつでも使えるものではなく、ガラスが割れたからといって、無条件に保証されるわけでもないということを知っておくことが大切です。なお、適用されるケースに当てはまる場合は、どんな状況で割れてしまい、いくらかかるのかということを明確に記録しておくことが大切です。